【グルメ】京都の長岡京にある、激ウマつけ麺について

 

スポンサーリンク

休日を利用して、うまいもん探しの旅に出かける。

 

一人暮らしのおっさんの昼飯は、やはりラーメンに限る。

 

春らしい暖かい気温なので、少し遠出をしよう。

 

というわけで国道171沿いにある、

『風来房』という店に入った

 

ネットでも流行りらしい。ここはつけ麺が有名である。



スポンサーリンク

 

さてメニューだ。

image

ほう、白虎に玄武に朱雀、青龍と来たか。京都ならではのネーミングが好感持てるな。

 

そして辛さの表記もあってわかりやすい。

私は初心者だから、白虎にでもするか。

 

なんか『孤独のグルメ』みたいになってきたな。

 

そして肉味みそ飯なるものも絶品とのことで、合わせて注文。計1080円なり。

独り身は楽な出費だ。

 

 

image

来ました!

 

匂いがまたなんともいい…。。

 

一口スープを飲んでわかったのは、

そのクリーミーなまろやかさだ。

野菜が混ざっているのか、女性客も多いのがうなずける。

 

このスープのおかげで、ツルッと口に流れこんでいくぞ。

 

そして、何より肉みそ飯。

 

これの最強の食べ方は、つけ麺のスープを飯側にぶっかける所にある。

 

肉みそに、クリーミースープ…。

食べ終わった後も興奮冷めやらぬ口の中。。

 

また来るぜと誓い、おっさんは人混みに消えた。