テンアライドの株主優待がサラリーマンに最適おすすめすぎる件について

   2017/01/02

スポンサーリンク

 

テング・・・普通に聞けば、あの伝説の生き物を想像する人が多数だろう。

 

しかし、のん兵衛からすればスーパー安居酒屋コスパ最強戦隊サラリーマン用基地が当てはまる。

今日はそんなテンアライドさんの居酒屋のご紹介。

 

 

とある休日、京都の河原町にひとりで遊びに行ったついでに株主優待を桐谷さんのように華麗に用いた話。



スポンサーリンク

 

ランチで使ってきたよ。

 

 

京都では初めて訪れるけど、繁華街にあるんだね。あぁジュンク堂のビルの地下か。本買うときによくこのビル来てたけど、意外と灯台元暮らしの立地でしたね。

 

 

いざ店の前へ。

てかむっちゃ混んでた。

 

中国人で。まじかよ。観光雑誌でも紹介さらてんのか?

それとも「京都 天狗」で調べたら、伝説の生き物の巣窟探しじゃなくて、へべれけの生き物ばかりの巣窟にきちまったかい?

 

まさかチェーン店のランチで入店まで並ぶことになるとは。観光地恐るべし。

 

 

15分ほど待って席へご案内。おひとり様、どうぞこちらへ。

 

 

今日私には必殺技があるのだ。

テンアライドの株主優待券

ここは100株を所有していると、年2回、1,000円分の無料券を配布してくれるのだ。株価は350円前後なので35,000円の投資で年間2,000円飲み食いできる算段だ。

 

 

配布された時期をうまく合わせると、両方同時に消費でき、2,000円の無料券に化けます!

 

2,000円だったらなんでもいけるで、おらー!!

 

もちろん最高の値段の食べ物をチョイス!2,000円の高級贅沢サラリーマンを超えたスーパーサラリーマンのランチをいただく。

 

 

最高のビール(ビア・ブラウン ジョッキ480円)と、

 

 

最高の黒毛和牛A3鍋、霜降り肉(1,390円)ってやばそう☆

 

まずビールが届く。

うむ黒ビールだね。

 

一口飲んでわかる、味が濃い。

オリジナルて記載だけど、何入れてんだろ。ギネスビールに近づいて、近づいて、「ごめん、無理」って、遠ざけられた感じのビールちゃんやな

 

ていうかみんな、写真見て気づいた!?天狗のジョッキだよ。テングマーク入ってるよ!

おっさん、おっさんだけど女子みたいなとこあるからこういうのたまらんのよね

 

チェーンだけどいい店。

 

 

てかなんだよ、外国人ばっか入ってくるやん。30分ずっと途切れず、スマホみながら。

どういうネットマーケティングしてんだよ、うちの会社にもおしえてくれよ。なんかのコツがあるんか?旅行代理店に仲介頼んでんのか?ステマか?河原町の立地が最高てことか?

 

おっさんも愛する京都になんか店開くかな~

 

なんて起業の事を考えつつ、夢うつつ、そして昼間っから酔っぱらっている間に、霜降り黒毛和牛すき焼きが届く。

うーむ、豪勢!

味はまさにA3の表記をしているだけあって、やわらかさが群を抜いていた。この肉汁というか出汁までジューシー。やはり安い店の中の最高価格の料理はイケてる説はあるなと再認識した。

 

冬の初鍋。今度家でもひとり鍋をしようと固く誓う。

 

 

 

お会計へ。

金額は2,019円!

うん我ながら素晴らしい、注文センス。優待券フル使用と19円の小銭を支払い店を颯爽とでる。きっと中国人達は尊敬のまなざしでおっさんの後頭部を見ていたに違いない。後頭部をだ。

 

 

 

あ、帰り際にビア・ブラウンの広告が店の前の看板にあったね。

そうか地ビールなんだね。

こういう小さな醸造所発、限定もの、下町ロケット。

 

頑張れ中小!!!

 

 

こういう、「非日常」がおっさんを癒してくれる。

欲望のグルメ物語でした。