「生地」の世界、趣味の世界




このカテゴリの記事はなかなか投稿しないので「番外編」と思ってください。

今日は趣味の生地について。

私の趣味

おっさんの趣味一覧

または自己紹介 

サイトについて

でも申しておりましたが、私は生地フェチなんです。

こちらの布地説明サイト(ttp://www.seni-search.jp/fabric.html)にはいつもお世話になっています。(素材の合成方法やストレッチ性、さまざまな情報が載っている!)

余談ですが、東京の日暮里には「布の街」があります。というか、日暮里が布の街らしいです。

古くは神保町が「古本の街」であり、新しくは蔵前が「おもちゃの街」であるように、個性を持った場所が出現していますね。

日曜日の某経済番組でも特集していましたがこのトマトという布のお店、私もいつか行ってみたい!

さて、バレー観戦でもある程度ズームして撮ってしまうのですが、肌に張り付きながらも動きを阻害しない、絶妙なつくりには感服します

ユニフォームの素材としては主にポリエステル、ナイロン、綿などが使用されております。

チームによってだいぶ生地感が違いますよね。

たとえばデンソーエアリービーズはこんな生地。

woman-volley-ball20160430-350

サテン生地が混ざってるのかな??光沢感がありますよね。

他のチームよりも高貴なイメージです。

続いて、JTマーヴェラスはこんな生地。↓公式ホームページ抜粋

woman-volley-ball20160430-241

タフタが入ってるのかな?ストレッチ感がかなり聞いていそうです。

まぁ、基本的にいろんな繊維が混ざってるので、これだ!とは言えないのですが、質感の良さは誰にでもわかるかなと思います。

どうです?2チームを比べただけでも違うでしょう?

「制服が可愛いからこの高校に入ったんです」という人が存在するように、スポーツも「ユニフォームがカッコいいからファンになったんです」とか言う人いますよね。スポンサー企業には今後も「ユニフォームへの投資」を惜しまないようにしてほしいと思っています。

そんなミクロな世界でした。